> > 太陽光発電の自家消費、日立が最適化の実証実験 空調や照明などと連携

太陽光発電の自家消費、日立が最適化の実証実験 空調や照明などと連携

 印刷 記事を保存
太陽光発電の自家消費、日立が最適化の実証実験 空調や照明などと連携

日立パワーソリューションズ(茨城県日立市)は4月5日、同社の大みか別館(同)において、年間電力使用量30%削減を目標とした自家消費型太陽光発電設備高効率化システムの実証試験を開始したことを発表した。試験は2018年3月までの1年間実施される。

同実証試験は、EMS(エネルギー・マネジメント・システム)で蓄積した過去の電力使用量のデータから作成した需要モデルと、蓄電池と空調機の自動制御機能を組み合わせて省エネルギー効果を検証するもの。

実証実験の内容

太陽光発電設備(設置パネル枚数は350枚)・蓄電池からなる自家発電設備をビルの屋上や駐車場などに設置し、ビルの照明や空調設備、エレベーターなどの負荷設備を、自動制御機能付きのEMSを用いて制御し、電力需要のモデル化および、自動制御機能の検証を行う。具体的な検証内容は下記の通りだ。

1.電力需要のモデル化

  • 過去の電力使用量データと気象データから電力需要をモデル化して、1日の電力需要を予測する
  • 気象や日照のデータから1時間単位で太陽光発電設備の1日の発電電力量を予測する

2.自動制御機能の検証

  • 太陽光発電設備の発電電力を最も有効に使用するため、電力の需要予測や発量予測から蓄電池の充放電を自動制御する
  • 省エネ効果を出すために、空調や照明などの負荷を段階的に自動制御する

同社はこの実証試験により、今後、電力使用量の削減および省エネなどに有効な高効率化システムを採用した自家消費型太陽光発電設備の新規導入や改良提案を推進し、50kW以上の太陽光発電設備が設置可能な工場、商業施設やオフィスビルなどを対象とした事業化を検討していく予定だ。

なお、同社は再生可能エネルギーを利用した発電システム、蓄電池システムやEMSの納入実績、省エネルギー診断サービスのノウハウや、また、同実験が実施されている大みか別館での2010年から蓄積された使用量データを、同実験に活かす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.