> > 再エネ・省エネ設備のリース補助金 2017年度のリース事業者124社決定

再エネ・省エネ設備のリース補助金 2017年度のリース事業者124社決定

 印刷 記事を保存

環境省は4月14日、低炭素機器の普及を加速化していくため、リースにより低炭素機器を導入した際に補助金を交付する「平成29年度エコリース促進事業」で採択された124事業者を公表した。

同事業は、低炭素機器の導入に際して多額の頭金を負担することが困難な中小企業等が、頭金のないリースという手法を活用することによって、低炭素機器の導入促進を図るもの。具体的には、中小企業等がリースにより低炭素機器を導入する場合に、リース事業者に助成を行うことで中小企業等が負担するリース料の低減を行うものだ。

同事業にかかわる指定リース事業者についての公募は、2月21日(火)から3月15日(水)まで実施された。同事業の予算は19億円。

(※全文:845文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.