> > 東芝の太陽光発電+燃料電池システム、今度は武蔵溝ノ口駅に設置

東芝の太陽光発電+燃料電池システム、今度は武蔵溝ノ口駅に設置

 印刷 記事を保存
東芝の太陽光発電+燃料電池システム、今度は武蔵溝ノ口駅に設置

営業運転を開始したH2One™

東芝(東京都港区)は4月17日、JR南武線武蔵溝ノ口駅(神奈川県川崎市)構内において、太陽光発電による再生可能エネルギーと、CO2フリーの水素(水素製造時にCO2を排出しない)を活用して、平常時や災害時でも電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システムの営業運転を開始したと発表した。

このシステムは、「H2One™」と呼ばれ、太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池により構成されている。またこのシステムは、同社の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS™」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給する。

平常時は、電力はホーム上の照明に供給し、お湯はホームの待合スペースに設置するウォームベンチを温めるために使用される。災害時には、ライフラインが寸断された場合においても、系統電源に頼ることなく必要なエネルギーを供給することができる。

そのときには同駅を一時滞在場所として活用するため、平常時にタンクに貯めておいた水素を用いて燃料電池で発電し、コンコースやトイレなど駅構内の照明用に供給する。

「H2One™」は、BCP(事業継続計画)対策用として、川崎市と共同実証をしている川崎市臨海部の公共施設「川崎市港湾振興会館(川崎マリエン)」および「東扇島中公園」のほか、大黒ふ頭の「横浜港流通センター(横浜市港湾局)」にも納入されており、既に運転が開始されている。今回、JR東日本向けの「H2One™」の運転開始により、3台目の納入となる。

「エコステ」モデル駅としてリニューアルした武蔵溝ノ口駅

JR東日本(東京都渋谷区)は、CO2フリー水素エネルギーの利活用の推進に向け、省エネルギー・再生可能エネルギーなど様々な環境保全技術(エコメニュー)を駅に導入する取り組み「エコステ」を実施している。

武蔵溝ノ口駅は、2015年1月に川崎市と締結した包括連携協定に基づき、「エコステ」のモデル駅として4月17日にリニューアルした。「H2One™」はその一環として導入された。東芝は、昨年3月にJR東日本から自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を受注している。

エコステメニューは「創エネ」「省エネ」「エコ実感」「環境調和」

さらに武蔵溝ノ口駅は「エコステ」モデル駅として、「創エネ」「省エネ」「エコ実感」「環境調和」のエコメニューによってリニューアルが行われた。

「創エネ」では、前述の通り、自立型水素エネルギー供給システムと太陽光パネルを導入。

「省エネ」では、ホーム・コンコースの照明設備のLED化や駅事務室等への高効率空調設備を導入することで消費エネルギーの削減を図る。

「エコ実感」では、デジタルサイネージをコンコースに設置し、エコステの取組みを紹介。また、エコ待合スペースでは、夏場はミスト、冬場は自立型水素エネルギー供給システムから出る温水を活用したウォームベンチを設置することで顧客にエコを実感してもらうようにした。

「環境調和」では、コンコースや自由通路の壁面に自然素材を活用した仕上げをすることや、緑化を施すことで自然と調和する空間を創出した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.