> > 埼玉県のハウスメーカー、ZEH建築で太陽光発電設備を5.76kWプレゼント

埼玉県のハウスメーカー、ZEH建築で太陽光発電設備を5.76kWプレゼント

 印刷 記事を保存
埼玉県のハウスメーカー、ZEH建築で太陽光発電設備を5.76kWプレゼント

大賀建設(埼玉県さいたま市)は4月16日、日本地域開発センター(東京都港区)の省エネ住宅表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」で、優秀賞および優秀企業賞を受賞した記念として、ゼロエネルギー住宅(ZEH)「ZEROの家」の新築契約を6月30日までに行った顧客に対して、もれなく最大5.76kWの太陽光発電システムを無償で提供すると発表した。

このキャンペーンは、ゼロエネ住宅の普及を推進するために、太陽光発電システム設置費用を0円とするもの。期間内に新築の契約することや取材への協力、6カ月以内の着工が可能であることが要件となる。リフォーム契約は対象とならない。太陽光発電システムは同社指定のものとなる。

同社のシミュレーションによると、ZEROの家は、高気密・高断熱、省エネ機器の採用などで建物全体の性能を向上させ、エネルギーを創る太陽光発電システムと、HEMSを使いエネルギーを効率的に制御することで、年間光熱費を0円にすることが可能としている。

ZEHの基準に対応、光熱費0円も可能

大賀建設は、埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県を中心に注文住宅ブランド「アルネットホーム」を展開する企業。今回受賞した「ZEROの家」はその商品ラインナップのひとつで、高い断熱性と省エネ設備により省エネ化を実現したという。さらに太陽光発電などの創エネ設備により住まいの年間の一次エネルギー消費量が実質(ネット)でゼロ以下となるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応した住宅。

同時に受賞したハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーの優秀企業賞は、同制度で3年以上連続受賞の企業に授与される。また同制度は、建物外皮とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとして省エネルギー性能の優れた住宅を表彰するものだ。

国が進める「エネルギー基本計画」の中で「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現を目指す」と掲げられている。同社では、その趣旨を踏まえ、「ZEROの家」をはじめとした省エネ住宅の普及に力を入れている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.