> > 中部電力×三菱UFJリース、ドイツで海底送電事業に参画 今後も海外狙う

中部電力×三菱UFJリース、ドイツで海底送電事業に参画 今後も海外狙う

 印刷 記事を保存
中部電力×三菱UFJリース、ドイツで海底送電事業に参画 今後も海外狙う

海底送電事業の概要

中部電力(愛知県名古屋市)と三菱UFJリース(MUL/東京都千代田区)は4月25日、ドイツにおける洋上風力発電所で発電した電力を陸地へ運ぶ、海底送電事業に共同で参画することを発表した。両社ともに海外の送電事業に参画するのは初めて。

両社が参画するのは、陸地と北海洋上にある風力発電所を結ぶ、海底部分の送電亘長が100km超となる4つの海底送電ケーブル(BorWin1、BorWin2、DolWin2、HelWin2)の運営・保守を行う事業。

中部電力はこの事業により、長期にわたり安定した収益を見込む。またこの事業に、これまでに培ってきた信頼性の高い送変電保守に関する技術や知見も活用していく考えだ。

またMULは、海外社会インフラ事業への投融資を重点施策の一つとして2016年度に新組織を立ち上げている。同事業はその第一弾となり、今後も国内外の社会インフラ事業に積極的に参画していくとしている。

なおこの送電事業権は、オランダ国営送電事業者であるTenneT Holding B.V.(テネット社)および三菱商事子会社が保有している。

そのため今回の参画にあたって、中部電力とMULの共同出資会社であるChubu Electric Power & MUL Germany Transmission GmbHは、事業権を有している三菱商事子会社の株式の49%を取得することで三菱商事(東京都千代田区)と合意し、株式譲渡契約を締結した。

20170426_c02

三菱商事は約600億円で事業権の49%を取得

三菱商事のウェブサイトによると、西ヨーロッパの北海沖やイギリス沿岸部の洋上風力発電は、再生可能エネルギーとして有望視されている。

安定して吹く強い風を捉えることで大容量の発電が可能で、沖合に設置した巨大な風車から陸地へと電力を運ぶ、海底送電のニーズが高まっているという。これを受けて、同社はイギリスとドイツにおける海底送電事業に日本企業としていち早く参入し、世界展開を視野に入れたインフラ事業として取り組んでいる。

今回の海底送電事業について同社は、2012年2月に、テネット社のBorWin1、BorWin2の事業権のうち49%を取得した。

取得に関する総額は約200億円(約2億ユーロ)だった。また2013年1月に、約400億円(約3.4億ユーロ)を投じてDolWin2、HelWin2の事業権49%も取得している。

プロジェクトスキーム図

プロジェクトスキーム図

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.