> > XSOL、改正FIT法の保守ニーズ狙い新しいO&Mサービス開始

XSOL、改正FIT法の保守ニーズ狙い新しいO&Mサービス開始

 印刷 記事を保存
XSOL、改正FIT法の保守ニーズ狙い新しいO&Mサービス開始

エクソル(京都府京都市)は4月27日、住宅から産業用まですべての太陽光発電所を対象としたO&M(保守点検)サービス「改正FIT法おまかせプラン」の提供を開始することを発表した。

保守点検費用の問題で義務化対応遅れの懸念

このプランは、4月1日より改正施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(改正FIT法)に対応したサービス。同法の改正により、稼働中を含めたすべての太陽光発電システムは、保守点検を行うことが義務付けられた。

一方、住宅、低圧案件の稼働中システムを中心に、保守点検にかかる費用の問題から、義務化への対応の遅れが懸念されている。

そのため同社は、住宅用から産業用まですべての発電所で適切な保守点検がなされるよう、低価格のO&Mサービス「改正FIT法おまかせプラン」の提供を開始することとした。

同プランの価格は、10kW未満の住宅用で年平均7,200円、10~50kWの未満低圧用で年平均26,500円、1,000kWの高圧プランで年平均1,000,000円。同社は、住宅を含むすべてのシステムで採用してもらいやすい低価格を実現したとしている。

プランにより異なるが、オプションには、遠隔監視、年次レポート作成、駈付けサポート、巡回、モジュール洗浄、除草、看板設置、フェンス設置、事業認定代行申請などがある。

O&M義務化の背景、太陽光発電設備の事故

近年、台風などの自然災害により太陽光発電施設のパネル飛散、架台倒壊、設備水没など、公衆安全に影響を与える重大事故が多く発生している。とくに事故報告対象外の小規模設備での損壊事故が顕著だ。

また今回の法改正により、適切に対応されない太陽光発電システムについては、是正勧告等の段階を経て認定取消となり、発電事業を継続できなくなる可能性もあり得るようになった。

同社は「太陽光発電システム総合企業」として、再生可能エネルギーの普及促進によるエネルギー自給率の拡大や、地球環境保全を使命と考えている。

今後も、O&Mサービスによる、再生可能エネルギーの筆頭である太陽光発電の普及拡大、長期安定稼働の実現により、日本のエネルギー問題の改善、温室効果ガスの削減に貢献する考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.