> > 燃料は廃食油! 発電も熱供給もできる小型コージェネ、ヤンマーが発売

燃料は廃食油! 発電も熱供給もできる小型コージェネ、ヤンマーが発売

 印刷 記事を保存
燃料は廃食油! 発電も熱供給もできる小型コージェネ、ヤンマーが発売

バイオディーゼルマイクロコージェネレーション「CP25BDZ-TC」

ヤンマーエネルギーシステム(大阪府大阪市)は5月23日、家庭や飲食店等で廃棄された使用済みの油など、廃棄物系バイオマスを燃料として発電・熱供給することができる小型コージェネレーションを開発し、7月1日より受注を開始すると発表した。

同製品は、下水処理場などに累計500台以上販売しているメタン発酵バイオガスを燃料とするバイオガスマイクロコージェネレーションをベースに、動力源をガスエンジンから液体燃料が使用可能なディーゼルエンジンに対応できるよう開発したもの。

1機あたりの出力が25kWと小容量で、小規模な店舗や工場、施設などにも設置できるため、地域で発生した廃食油を地産地消で有効活用できる。

また、本機を複数台連携して設置することで、高出力化に対応できるだけでなく、運転を止めない効率的なメンテナンスも実現した。さらに本機はコージェネレーションシステムに必要な機能をパッケージ化し、現地施工を簡素化。定置型で系統連系が可能な常用発電設備としては国内最小クラスとなるとしている。

このマイクロコージェネレーション「CP25BDZ-TC」の販売価格は1,500万円(メーカー希望小売価格、税抜)。タンクユニット、付帯工事など、別途追加費用がかかる。同社は、2020年度までに200台の販売目標を掲げている。

オールインワンパッケージによる小型化(内部構造)

オールインワンパッケージによる小型化(内部構造)

生成プロセスの異なる2種類のバイオディーゼル燃料に対応

本製品は、「FAME(脂肪酸メチルエステル)」と「SVO(ストレートベジタブルオイル)」は、FAMEとSVOの2種類のバイオディーゼル燃料に対応する。いずれも原料は同じ廃食油(植物油)だが、生成プロセスが異なる。本機は生成プロセスの少ないSVOにも対応し、バイオディーゼル発電にかかる燃料生成の費用や手間を軽減する。

FAMEは植物油にメタノールを添加し、エステル交換反応させて生成する。副産物としてできるグリセリンなどの不純物除去の精製工程が必要だが、軽油と同等の燃焼性を有する。

SVOは不純物を取り除いただけの植物油(廃食油)で、常温で粘性が高い(軽油の約10倍)ため、用途は限定的だが、生成プロセスが少ないことが特徴。同社は、SVOタンク(別売)を加温して粘度を下げることで「常温で固形化する」という難点をクリアした。

遠隔監視によるモニタリングサービスも提供

同社は、長年のコージェネレーション事業で培ったメンテナンス体制と部品供給網により、顧客の機器管理をサポートする。

また、同社独自の遠隔監視システム「RESS」で機器ごとの運転状況を把握し、運転時間や発電電力量などをモニタリングし、不具合が発生した際はエラー情報を表示して、サービス担当の迅速な情報把握と対応を行う。

自治体等では廃食油の処理・利活用が課題に

食油を活用したバイオディーゼル燃料は、従来から一部の都市部などにおいてバスやトラック等の燃料として使用されていた。しかし、十分なメンテナンスが行われない場合は運転中に不具合が発生する等の問題から活用が進んでおらず、自治体や企業は廃棄される食用油の処理・利活用などの課題を抱えている。

同社では、このような状況に着目し、環境意識の高い企業等と連携しながら定置型発電システムでのバイオディーゼルの実証試験に取り組んできた。そしてこのたび、耐久性などの実証とともに廃食油の特性に合わせたシステムを構築し、製品化した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.