> > 1500V対応モジュール、太陽光発電の主流なるか 米はすでにシェア60%

1500V対応モジュール、太陽光発電の主流なるか 米はすでにシェア60%

 印刷 記事を保存

トリナ・ソーラー・ジャパン(東京都港区)は5月25日、1,500V対応の太陽光発電モジュールの新製品セミナーを開催した。

現在、国内外のメガソーラー(大規模太陽光発電所)は、直流1,000Vが主流だが、直流1,500V対応のパワーコンディショナー(PCS)を導入する1,500V系システムは、1,000Vのシステムに比べ、設備全体での高効率化、機器類の集約化や工事工数の削減により、建設コストを低減することできるため、次世代システムとして注目されている。

同セミナーによると、世界市場に目を向けると、2016年時点での1,500Vの太陽光発電システム需要は、発電事業向けに大きく先行導入しているアメリカが60%を占めており、残りの大半はインド、中東エリアだった。

(※全文:710文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.