> > TMEICも「1500V系パワコン」 メガソーラー用ソリューションも海外販売

TMEICも「1500V系パワコン」 メガソーラー用ソリューションも海外販売

 印刷 記事を保存
TMEICも「1500V系パワコン」 メガソーラー用ソリューションも海外販売

SOLAR WARETM 2220/2550 外観

東芝三菱電機産業システム(TMEIC/東京都中央区)は5月29日、大容量太陽光発電システム向けに、1,500V系屋内型パワーコンディショナ(PCS)と、このPCSと昇圧用変圧器、スイッチギヤ等をコンテナに格納したパッケージソリューションシステムを開発し、海外市場向けに販売を開始したと発表した。

同社によれば、新たに開発した単機容量2,222kW、2,550kWの1,500V系屋内型PCS「SOLAR WARETM 2220/2550」は、従来からの高い変換効率や品質、価格競争力に加え、世界最高レベルのコンパクト性を備えるという。

SOLAR WARE 2550の場合、従来比据付面積当たり容量は2.76倍。従来の同社最大容量機種(1,000V系屋内型パワーコンディショナ)と比較して7.6%体積を削減し、1.4MVA/平方メートルを実現した。

その他の特長として、周囲温度50℃までディレーティングなしでの運転、夜間無効電力補償機能による系統安定化、TMEIC独自の直流入力回路方式による安全性の向上をあげている。ディレーティングとは、周囲温度に応じてPCSの出力容量を絞って運転することで、予め設定された周囲温度を超えるとPCSの出力容量を下げた運転モードに切り替わることをいう。

パッケージシステムで工期短縮・建設コスト削減に貢献

SOLAR WARETM STATION 外観(5.1MW AC Stationの例)

SOLAR WARETM STATION 外観(5.1MW AC Stationの例)

パッケージソリューションシステムでは、1,500V系屋内型PCSと昇圧用変圧器、スイッチギヤ等をコンテナにパッケージしたAC Station「SOLAR WARETMSTATION」を開発した。同システムは、フレキシブル設計による多彩なソリューションを可能にしている。

同システムのうち「L-H Combo」は、PCSとスイッチギヤをコンテナに最大限収納し大容量化とコストミニマム化を実現したソリューション(40フィートコンテナの利用で世界最大クラス10MW容量まで構築可能)。

また「Inverter Package」は、昇圧用変圧器やスイッチギヤの別手配を希望される顧客に対し、PCSのみをコンテナに収納したソリューションだ。

いずれも工期短縮、建設コスト削減につながる施工性と、周囲環境に影響されないメンテナンス性を特長としてあげている。

グローバル展開が進む太陽光発電市場においては、エンジニアリングの効率化、建設コストの低減、およびシステム品質の安定化に寄与するパッケージソリューションの提供が求められている。

なお、「SOLAR WARE」は、TMEICの日本、米国、インド、中国、EUにおける商標。

TMEICは、今回開発した1,500V系PCSとAC Stationを、メキシコのメキシコシティで2017年5月8~12日に開催された「Mexican International Renewable Energy Congress 2017」(Green Power主催)に出展。

また、ドイツのミュンヘンにて2017年5月31日~6月2日に開催される「Intersolar Europe 2017」(Solar Promotion GmbH主催)にも出展する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.