> > 地域の電力をまとめて地産地消 中部電力などがVPPプロジェクト開始

地域の電力をまとめて地産地消 中部電力などがVPPプロジェクト開始

 印刷 記事を保存
地域の電力をまとめて地産地消 中部電力などがVPPプロジェクト開始

「プロジェクト」の概要図
こちらをクリックすると拡大します

中部電力(愛知県名古屋市)、デンソー(愛知県刈谷市)、トヨタ自動車(愛知県豊田市)、トヨタタービンアンドシステム(同)の4社は、愛知県豊田市とともに、再生可能エネルギーによる電力の供給に合わせて、様々な需要家の需要等を制御し、ひとつの発電所のように機能させる「バーチャルパワープラント(VPP)」を構築するプロジェクトを開始したと発表した。

このプロジェクトは、同市に設置されている天候等により変化する風力太陽光バイオマスの再生可能エネルギーによる電力の供給に合わせて、家庭や企業の需要等を調整するエネルギーマネジメントを行い、CO2フリー電源である再生可能エネルギーの地産地消の実現性を検証するもの。

具体的には、家庭や企業が保有するプラグインハイブリッド車(PHV)ヒートポンプ給湯機蓄電池などをICT(情報通信技術)によって連携させ、PHVの充電時間や蓄電池の充放電を制御することなどにより、再生可能エネルギーによる電力供給に合わせて需要等を調整する。

こうした効率的なエネルギー利用に資するエネルギーインフラの基盤を築くことで、ICTを活用した革新的な次世代エネルギーマネジメントシステムとなる「VPP」を構築する。

さらに、「VPP」で作り出された電力を一般送配電事業者に提供することで、電力系統の安定化に役立つ新事業の成立性を検討していく。

また、再生可能エネルギーの更なる普及拡大を可能とする電力系統の実現を目指し、配電系統の電圧や潮流を調整する手段のひとつとして、蓄電池等を制御することの有用性についても検証を行う。

豊田市と関係4社は、同プロジェクトを2020年3月まで実施し、新しい事業の創出を目指す。

プロジェクトでの各社の役割

このプロジェクトでは、リソースアグリゲーターとして、トヨタ自動車とトヨタタービンアンドシステムが、PHVの車載電池、ビルの蓄電池や空調を制御。

中部電力とデンソーが全館空調やヒートポンプ給湯器、エアコン等の家電をHEMS(家庭用エネルギー管理システム)を介して制御。さらに中部電力は、工場の蓄電池やコージェネレーション、ビルの空調を制御する。

また、中部電力は親アグリゲーターとして、リソースアグリゲーターを統合して、電力の供給と需要のバランス調整を行う。

なお、「リソースアグリゲーター」とは、PHVや蓄電池等、需要家側のエネルギーリソースを一括制御する事業者のこと。親アグリゲーター」はリソースアグリゲーターを統合して、電力の供給と需要のバランス調整を行う事業者を指す。

豊田市は、2030年までに1990年比でCO2を30%削減するアクションプランを掲げ、地域の低炭素化に向けた取り組みを進めている。

2016年10月には企業と連携して「豊田市つながる社会実証推進協議会」を発足し、本協議会のテーマのひとつとして、豊田市の再生可能エネルギーの地産地消に取り組んでいる。

なお、デンソーは、トヨタグループの自動車部品メーカー。

また、トヨタタービンアンドシステムは、ガスタービン技術を使ったコージェネレーションシステムの製造・販売を手掛けるほか、トヨタプリウスの車載電池を再利用した定置用蓄電池システムや太陽光発電、照明空調なども総合的に管理する業務用のエネルギーマネジメントシステム事業を2013年度から開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.