> > オリックスなど、24MWのメガソーラーに大型蓄電池 出力変動を調節

オリックスなど、24MWのメガソーラーに大型蓄電池 出力変動を調節

 印刷 記事を保存
オリックスなど、24MWのメガソーラーに大型蓄電池 出力変動を調節

「知内メガソーラー20M発電所」完成イメージ図

オリックス(東京都港区)およびソーラーフロンティア(同)は6月7日、北海道知内町の旧町営牧場において、最大出力24MW(24,066kW)のメガソーラーの建設に着手したと発表した。

同発電所には出力変動緩和対策として容量約7.2MWhの大型蓄電池システムが併設され、発電した電力は北海道電力に売電する予定。運転開始は、2018年12月を予定している。

この「知内メガソーラー20M発電所」の事業用地面積は、約89ha(パネル敷設面積 約40ha)。設置するソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池は、熱や影に強く設置後の発電量が多いという特長があり、年間発電量は2,175万6,170kWh(一般家庭約6,000世帯分の年間消費電力に相当)を見込んでいる。

運営はオリックスソーラーフロンティアが出資する「合同会社はやてソーラー」(東京都港区)が行う。

オリックスは現在、土地を活用するメガソーラー事業において最大出力800MW以上の発電所、屋根設置型太陽光発電事業においては最大出力100MW以上の発電所の開発および運営を手掛けている。これらの出力合計は約990MWとなる。

またソーラーフロンティアは、35年以上にわたる太陽電池の研究開発の歴史と累計4GWを超える太陽電池の出荷実績をもち、太陽光発電所開発についても200MW以上の国内案件を手掛けてきた。

両社は今後もノウハウを融合し、クリーンエネルギーの事業を展開していく考えだ。

出力変動緩和対策に蓄電池が必要な北海道

太陽光発電設備は、出力変動が周波数の維持に影響し、系統利用者に影響を及ぼす可能性がある。

北海道では、太陽光発電の系統への接続量は、安定的に接続できる限度に達しているため、北海道電力では、新たに太陽光発電設備を接続する場合は、出力変動緩和対策として、発電所側で蓄電池等を設置することが必要としている。

そのため同電力は、太陽光発電設備(出力2,000kW以上)の出力変動緩和対策を行う場合の技術要件を発表している。

この技術要件を受け、大林組グループの大林クリーンエナジー(東京都港区)は、4月3日に運用を開始した北海道釧路町の「釧路町トリトウシ原野太陽光発電所」(発電容量14.5MW)に、出力変動緩和のため、GSユアサ(京都府京都市)製のコンテナ式リチウムイオン蓄電池システム(蓄電池容量6,750kWh)を導入している。

同蓄電池システムは、GSユアサ三菱電機(東京都千代田区)と共同で、実際の太陽光発電所の出力変動データを用いて検討を重ね、最適なシステムを構築するとともに、北海道電力の技術要件をクリアした。

なお「知内メガソーラー20M発電所」で、どのような蓄電池システムを採用するのかはまだ発表されていない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.