> > 東京電力、茨城県の火力発電所で木質バイオマス混焼 CO2排出22万t削減

東京電力、茨城県の火力発電所で木質バイオマス混焼 CO2排出22万t削減

 印刷 記事を保存
東京電力、茨城県の火力発電所で木質バイオマス混焼 CO2排出22万t削減

木質バイオマス燃料の導入概要

東京電力フュエル&パワー(東電FP/東京都千代田区)は6月22日、石炭を燃料として使用する常陸那珂火力発電所(茨城県東海村)の1号機において、木質バイオマス燃料を用いた混焼発電を開始したと発表した。

これは地球温暖化対策の一環として実施するもので、木くず等を圧縮成型した木質バイオマス燃料(木質ペレット)を最大3%混焼することにより、CO2排出量の減少を実現する。同社火力発電所でバイオマス燃料を導入するのは初の取り組みとなる。

また今秋には、同様に石炭を燃料とする同発電所2号機においても、最大4.5%の混焼開始を予定している。同発電所1号機・2号機の定格出力はともに100万kW。両プラント合計で、年間約8万トンの石炭消費量の削減と約22万トンのCO2排出量を削減できる見込み。

同社はこれまで、温室効果ガスの排出削減等、低炭素社会の実現に向けて取り組んできた。今後は、従前より取り組んできた全発電所における高効率で環境に配慮した発電所運営に加え、石炭火力発電所におけるバイオマス燃料の導入をはじめとする再生可能エネルギーの促進により、地球温暖化対策に役立つ発電事業をより一層推進していく考えだ。

なお東電FPは、東京電力グループで燃料・火力発電事業を行う会社。

中部電力はリプレースする火力発電所で17%の混焼を計画

地球温暖化対策や再生可能エネルギーの開発の取り組みとして、石炭火力発電所におけるバイオマス燃料の導入する動きは、他の電力会社でも広がっている。

中部電力(愛知県名古屋市)は本年2月に、現在、石炭専焼火力でリプレース計画を進めている武豊火力発電所5号機(愛知県武豊町)において、木質バイオマス燃料の混焼による発電を行うことを発表している。

同発電所5号機は2022年3月に営業運転開始を予定。混焼率は約17%(発熱量比)。木質ペレットの年間使用量は約50万トン。バイオマス燃料である木質ペレットを混焼することで、石炭を専焼する場合と比較してCO2排出量を年間約90万トン削減することが可能となる見込み。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.