> > 電力⇔水素エネルギーの相互変換 NEDOが標準化の動向調査者を募集

電力⇔水素エネルギーの相互変換 NEDOが標準化の動向調査者を募集

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月22日、「国内外における電力と水素エネルギーとの相互変換に関する標準化領域の検討」について調査する委託事業者の募集を開始した。締め切りは7月10日。

再生可能エネルギーの導入に伴い、電力の需給ギャップを埋める手段として、エネルギー貯蔵ニーズが高まるなか、エネルギーの長期大量貯蔵には水素によるエネルギー貯蔵が有効と考えられている。

そのため、国内外において「Power to Gas(P2G)」という、電力とガス(主には水素)の相互変換によるエネルギーの有効利用に向けた取り組みが多数進められている。

この取り組みでは、風力など再生可能エネルギーで発電された余剰電力を水電気分解装置によって水素に変換し、水素ガスエネルギーとして貯蔵。必要に応じてその水素を燃料電池や水素ガスタービン等により電力に変換するというような実証実験が始まっている。

(※全文:1452文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.