> > 風力発電で製造した水素、燃料電池フォークリフトへ供給スタート

風力発電で製造した水素、燃料電池フォークリフトへ供給スタート

 印刷 記事を保存

神奈川県、同横浜市、同川崎市と豊田自動織機(愛知県刈谷市)など6社は7月12日、京浜臨海部で風力発電により製造した低炭素水素を、燃料電池フォークリフトへ供給する実証事業の本格運用を開始すると発表した。

同実証事業は、環境省委託事業「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択されたもの。

3自治体と6社は、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した、低炭素な水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトを進めてきた。

これまでに基本設計・試作、システム構築の試験的運用等を行ってきたが、この度、すべての設備が完成した。

同実証事業では、まず神奈川県横浜市にある横浜市風力発電所(ハマウィング)敷地内に、風力発電の電力を利用し水を電気分解して低炭素の水素を製造し、貯蔵・圧縮するシステムを整備。

次にここで製造した水素を、簡易水素充填車により輸送し、横浜市内や川崎市内の青果市場や工場・倉庫に導入した燃料電池フォークリフト(12台)で使用する。また、クラウドを利用し、水素の製造から利用まで管理・運用する。

(※全文:1174文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.