> > 京セラ、自社HEMSのAI制御に対応した住宅用蓄電システムを発売へ

京セラ、自社HEMSのAI制御に対応した住宅用蓄電システムを発売へ

 印刷 記事を保存

京セラ(京都府京都市)は7月27日、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、AI搭載のHEMSと連携できる容量6.5kWhの蓄電システム「太陽光発電連係型 リチウムイオン蓄電システム」を開発したと発表した。8月1日から販売を開始する。

同製品は、同社のHEMS「ナビフィッツ」のおまかせ運転モードに対応した蓄電システム。 同HEMSと連携させることで、電力消費パターンや天気予測から翌日の電力消費量や太陽光発電システムの発電量を予測し、蓄電システムの充放電を自動制御する。

これにより利用者の手を煩わせることなく、効率的なエネルギー利用の実現に貢献するとしている。

同製品の特長は下記の通り。

(※全文:1383文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.