> > 追尾式太陽光発電、買います! 福井県美浜町、上限9455万円で公募 

追尾式太陽光発電、買います! 福井県美浜町、上限9455万円で公募 

 印刷 記事を保存

福井県三方郡美浜町は8月8日、美浜町エネルギー環境教育体験館「きいぱす」に電力を供給するため、同館と、そこに隣接する丹生漁港環境広場に、追尾式太陽光発電設備の設計・施工を一括で行う事業者を、簡易公募型プロポーザルで選定すると発表した。

同事業は、ここに追尾式太陽光発電設備を導入し、夏場や冬場の電力需要ピークを低く抑え、日々の消費電力を低減することで、体育館の運営を確立し、太陽光発電を活用したモデル施設として、地域住民の再生可能エネルギーに対する理解促進を図ることを目的するもの。

提案限度額は、9,455万9,400円(税込)。追尾式太陽光発電設備により発電した電力は、同館の電力として使用し、余剰電力が生じた場合、電力会社へ売電する。

設置する設備の発電出力は、太陽電池パネル設置容量で、約100kW(50kWを2基)とし、パワーコンディショナーの容量は、太陽電池パネルの性能以上に発電することを見越し、1箇所につき60kW程度(故障リスクを分散するため小さな容量を数個組み合わせる)とする。

さらに追尾式太陽光発電の発電効率としては固定式太陽光発電の1.5倍以上、かつ年間発電量143,000kWh/年以上を実現する製品を選定することが条件。

また、「きいぱす」で体験用教材として活用する際に、追尾式太陽光発電設備2基の内、1基を自動追尾、1基を手動により角度等を固定することにより、追尾式太陽光発電と通常の太陽光発電の発電効率を比較する。

そのため、自動追尾と固定(手動による角度調整など)の切り替えが可能なシステムとし、データを活用・分析できるように発電出力と累積発電量を計測・蓄積できる製品であることも条件となっている。

発電設備の現場条件は、下記の通り。

(※全文:1575文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.