> > 富士通、2018年度までに再エネ利用率5.2%→6%以上めざす計画

富士通、2018年度までに再エネ利用率5.2%→6%以上めざす計画

 印刷 記事を保存

富士通(東京都港区)は8月10日、同グループが再生可能エネルギーの利用割合を2018年度までに6%以上に拡大するという定量目標を新たに設定したと発表した。

なお同グループの2016年度の再生可能エネルギーの利用割合は、イギリスやフィンランドなどの海外事業所を中心に再生可能エネルギーの利用を促進していることもあり、5.2%(133GWh)であった。

今後、さらに再生可能エネルギーの利用を拡大するとともに、再生可能エネルギーの利用効率を高めるエネルギーの地域連携シミュレーターの開発や蓄電池における高効率な充放電制御の研究などに取り組んでいく。

「第8期富士通グループ環境行動計画」と2016年度実績も発表

また同日、2016年度から3ヵ年の環境目標である「第8期富士通グループ環境行動計画」における2016年度の実績をまとめた「富士通グループ環境報告書2017」を公開した。再生可能エネルギーの利用拡大の新たな目標は、これにあわせて発表したもの。

(※全文:1297文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.