> > メガソーラー向けの周辺設備パッケージが新発売 よりコンパクトに

メガソーラー向けの周辺設備パッケージが新発売 よりコンパクトに

 印刷 記事を保存

Wave Energy(旧社名:ヒロセー/東京都港区)は8月22日、同社の主力製品である大規模な太陽光発電システム向けの一体型周辺設備パッケージ、SOLAR SPEC(1,000kW)の従来品より、コンパクトサイズの新製品を発表した。

同製品は、集電盤、パワーコンディショナー、高圧盤、変圧器を一体化した太陽光発電システム。

新製品のシルエットを従来製品と比較すると、新製品は約800mm小さくなり、設置スペースが13%削減できる。シルエットの比較は、下図の通り(赤色部分が新製品のシルエット)。

新SOLAR SPEC(赤色部分)

新SOLAR SPEC(赤色部分)

高圧連系機能内蔵タイプ(送電盤不要タイプ)も登場

これまで、同製品が2台以上となった場合は、高圧連系用キュービクル(送電盤)が必要だったが、新たなラインナップとして、高圧連系機能が内蔵されたタイプも追加された。

これにより、機器代・工事費用・運送費・土地代・配線費用などのコストが削減されるという。

高圧連系機能内蔵タイプ

高圧連系機能内蔵タイプ
こちらをクリックすると拡大します

展示会やセミナーなどで紹介

同社は、9月20日(水)~22日(金)にインテックス大阪で開催される関西スマートエネルギーWeek内「第5回関西太陽光発電システム施工展」に出展予定だ。(同社のブースは、4号館12-54)。

同社は、今回発表した新SOLAR SPEC(1,000kW)に加え、無電源で高圧の電気通電状態を見える化し、感電防止に効果を発揮する新製品ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)、DC1,500V対応接続箱SOLAR BOX、大規模発電所向け分散型太陽光発電システムなどの実機を展示する。

また、9月20日には、展示会場の隣り、ホテルコスモスクエア国際交流センター(A会議室)にて「~セントラルVS分散 どちらが得!?~」と題したセミナーを開催する予定。参加費は無料。定員は100名。開催時刻は15時~17時20分まで。

セミナーの内容は、下記の通り。

  1. 各社パワコンメーカーによるセミナー
    (セントラル代表2社、分散型代表3社を予定)
  2. 「セントラルVS分散 どちらが得!?」
    (Wave Energy取締役副社長:本家 正雄 氏)

セミナー終了後に懇親会(名刺交換会)を開催する。参加申し込みはメールで受け付けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.