> > 再エネ設備に後付けで水素製造システム 水素ビジネス参入を狙った実証

再エネ設備に後付けで水素製造システム 水素ビジネス参入を狙った実証

 印刷 記事を保存

大林組(東京都港区)は9月7日、同社の技術研究所(東京都清瀬市)において、既存の再生可能エネルギー発電設備を活用して、新たにCO2フリー水素を製造する水素エネルギーシステムを構築し、製造・貯蔵・利用の各段階で実証を行うと発表した。

各設備の高い稼働率を実現し効率良く水素を製造するために、蓄電システムを併用して水電解装置へ電力を安定的に供給するシステムを構築する。本実証では、システム全体の最適化をめざして、水電解装置と蓄電池容量の最適な組み合わせや、各設備の制御手法などを検証する。

また、本システムは、再生可能エネルギー由来の電力を、商用電力系統から切り離して水電解装置に供給するため、商用電力の停電時においても自立運転が可能だ。これを活かし、本実証では災害時のBCP(事業継続計画)対応についても検証する。

本システムは、2018年4月中の完成を予定している。本実証を通じて得られたノウハウの活用により、水素関連施設のEPC事業(関連施設の設計・調達・施工)だけでなく、すでに進めている再生可能エネルギー発電事業を活用した水素エネルギー供給事業への参画も視野に入れて水素関連事業を推進していく。

(※全文:1240文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.