> > 貧困・失業率の高いケンタッキー州、植物工場で生鮮野菜不足を解消

貧困・失業率の高いケンタッキー州、植物工場で生鮮野菜不足を解消

 印刷 記事を保存

AppHarvest社では現在、米国ケンタッキー州南東部にあるパイクビルに太陽光利用型植物工場を建設している。様々な種類のトマトを周年生産し、施設面積は約16.7ヘクタールと1カ所の施設としては州内最大のものとなる。

建設される地域は、かつて鉱山事業で栄えていたが今では衰退しており、人口減少や失業率も問題視されている。また、アパラチア山脈に位置するケンタッキー州東部エリアは、4人に1人が貧困に直面しており、農業生産地から大きく地理的にも離れていることから、安価で質の高い生鮮野菜を調達することが難しい現状がある。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスの海外展開を検討する事業者にとって、海外市場のニーズ・動向として参照できます。
  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、海外の課題解決事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.