> > 米カリフォルニア州で進む「電気自動車の行動範囲拡大実験」、本格化

米カリフォルニア州で進む「電気自動車の行動範囲拡大実験」、本格化

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日産自動車(神奈川県横浜市)、兼松(東京都港区)は11月28日、米国カリフォルニア州内に25カ所・55基の大規模な急速充電ステーションネットワークを完成させ、さらに日産自動車が提供するスマートフォンアプリ「DRIVEtheARC」をバージョンアップさせて活用し、電気自動車(EV)利用範囲拡大を目指す実証事業を本格的に始動したと発表した。

この事業は、NEDOの「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業/米国カリフォルニア州の北部都市圏におけるEVの行動範囲拡大実証事業」(2015年度~2020年度)において実施されるもの。

急速充電網の整備とEVドライバーへのリアルタイム情報サービスの提供を通じ、EVの利用頻度拡大と、行動範囲拡大を目指す。

実証事業は、今後約2年間実施され、急速充電器の適正な設置箇所や利用者の充電行動など、EVのさまざまな行動パターンのデータを集積・分析し、EV利用距離の延伸の可能性についても評価分析を行っていく。

(※全文:1709文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.