> > NEDOなど、太陽光発電システムの水没実験 水害時の指針策定めざす

NEDOなど、太陽光発電システムの水没実験 水害時の指針策定めざす

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)、奥地建産(大阪府松原市)の3者は11月28日~12月1日の4日間、水害時における太陽光発電システムの感電リスクなどを把握するため、山梨県北杜市で太陽光発電システムの水没実験を行った。

池に水没させて、漏電状況を確認

この実験は、「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト/安全確保のための実証」の一環として行われたもので、この実験から得られた知見をもとに、太陽光発電システムの水害時における点検・撤去の安全性の確保、点検用の装備や対策の指針の策定を目指す。

実験では、太陽電池モジュール、接続箱、パワーコンディショナなどの太陽光発電設備を実使用に近い状態(太陽電池アレイ)に組み、これらを外部の環境から閉鎖された調整池に水没させ、水没時の漏電状況・水没後の状態などを確認した。

(※全文:1232文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.