> > 東電×日産 45台の電気自動車をつかったVPP、実証試験スタート

東電×日産 45台の電気自動車をつかったVPP、実証試験スタート

 印刷 記事を保存

東京電力ホールディングス(東電HD/東京都千代田区)と日産自動車(神奈川県横浜市)は、多数の電気自動車(EV)を活用したバーチャルパワープラント(VPP)の実証試験を開始した。実証試験期間は12月13日から2018年1月末まで。

今回の実証試験には、日産の商用タイプEV「e-NV200」のモニターである東電HD社員30人とEV「リーフ」を所有する日産社員からの応募者15人の計45人が参加する。

系統電力需要の小さい時間帯に充電を指定

この実証試験では、東電HDが仮想EVアグリゲーターとしてユーザーに系統電力需要の小さい時間帯を情報提供し、指定された時間帯に充電を行ったユーザーに充電電力量に応じてインセンティブが支払われる。

一定規模のEVユーザーがどの程度の比率で充電時間のシフトを実施するかを検証することにより、将来EVが大量普及した際の調整力の予測が可能となり、今後のビジネスモデルの評価に重要な指標を得ることができると期待を寄せる。

(※全文:1229文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.