> > 鹿児島県の風力発電計画 環境大臣意見「事業区域周辺の住居に配慮を」

鹿児島県の風力発電計画 環境大臣意見「事業区域周辺の住居に配慮を」

 印刷 記事を保存

環境省は12月14日、ジャパンウィンドエンジニアリング(東京都港区)が提出した「(仮称)さつま風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出したと発表した。

このさつま風力発電事業は、同社が鹿児島県阿久根市、出水市、薩摩川内市と薩摩郡さつま町の行政界付近(約1,717ヘクタール)にて、最大で総出力31万5,000kWの風力発電所を設置するもの。

環境大臣意見では、対象事業実施区域の設定、風力発電設備などの構造・配置や位置・規模の検討の際に同意見を反映させること、事業よる重大な影響などを回避・低減できない場合は事業計画を見直すこと、環境保全措置の検討に当たっては、環境影響の回避・低減を優先的に検討し、代償措置を優先的に検討することがないよう求められた。

提出された環境大臣意見の各論概要は、次の通り。

(※全文:1528文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.