> > 長野県で出力190kWの小水力発電所が着工 「収益納付型補助金」を活用

長野県で出力190kWの小水力発電所が着工 「収益納付型補助金」を活用

自然電力(福岡県福岡市)100%出資の長野自然電力(長野県上高井郡)は、12月14日、同社グループ初の小水力発電所を長野県で着工したと発表した。運転開始は2018年春の予定。

この「小布施松川小水力発電所」は、地域の協力を得て長野県上高井郡小布施町に設置する流れ込み式発電所。松川から取水した用水路を活用している。

オーストリア製の水車を採用

発電所の発電出力は約190kW。見込み年間発電量は約117万kWhで、これは一般家庭約360世帯の年間使用電力量に相当するという。発電した電力は固定価格買取制度(FIT)を活用し、中部電力へ売電する予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.