> > 駅舎への導入すすむ太陽光発電 埼玉スタジアム線:浦和美園駅屋上にも

駅舎への導入すすむ太陽光発電 埼玉スタジアム線:浦和美園駅屋上にも

 印刷 記事を保存

埼玉高速鉄道(埼玉県さいたま市)は、埼玉スタジアム線の浦和美園駅の駅舎屋上階に、太陽光を利用した発電システムを設置し、1月24日(水)より発電開始したと発表した。

この太陽光発電事業は同社初の試みであり、駅構内や電車内の照明LED化に続くCO2削減の新たな取り組みとして行われるもの。同事業により発電された電気は、駅構内や本社施設の照明などに使用する電力の一部に使用される。

同発電設備は、晴天時には最大55kWの電力を供給することができ、これにより約63,000kWh/年の電力削減が見込まれる。また、約36トンCO2/年(クスノキ679本分)の二酸化炭素の削減効果が期待できるという。

(※全文:532文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.