> > 小型風力発電の買取価格55円→20円 できたばかりの業界団体が陳情

小型風力発電の買取価格55円→20円 できたばかりの業界団体が陳情

 印刷 記事を保存

国際風力協会(IWTA)は3月5日、固定価格買取制度(FIT)において、小形風力発電の買取区分を廃止する方向性が示されていることを受け、現在の買取価格の期間延長や段階的な買取価格引き下げなどを経済産業省資源エネルギー庁に陳情した。

小形風力の買取価格は現在の55円から20円に

経済産業省の調達価格等算定委員会は、20kW未満の小形の陸上風力発電について、将来的なコスト削減が見込めないとして、2018年度より20kW以上の風力発電と同じ買取区分として取り扱う案を取りまとめた。

これより2018年度の小形風力発電の買取価格は2017年度の1kWh当たり55円から20kW以上の風力と同じ20円となり、大幅な低下となる。この小形風力の買取価格区分の撤廃を含むFIT法改正省令案などについては、3月8日まで意見募集(パブコメ)が行われている。

(※全文:1206文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.