> > 千葉県の大規模ソーラーシェアリング、作物にニンニクを選定した4つの理由

千葉県の大規模ソーラーシェアリング、作物にニンニクを選定した4つの理由

 印刷 記事を保存

千葉大発のベンチャー、千葉エコ・エネルギー(千葉県千葉市)は、千葉市において専用架台を採用した大規模ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設備を竣工したと発表した。同社は、この設備下で、にんにくを栽培し農業へ参入する。

この「千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機」の発電出力は625kW(AC)。2018年3月に発電を開始した。トリナ・ソーラー(中国・常州)製太陽電池モジュール(TSM-PD05 275W×2,826枚)、SMA(ドイツ・ニーステタール)製インバーター(STP25000TL-JP 25kW×25台)、日本BSL(千葉県八千代市)製アルミ架台、SMA製モニタリングシステム(CLUSTER CONTROLLER)などを採用。設置費用は約1億5000万円。遮光率は48%。耕作面積は約10,000m2

(※全文:1497文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.