> > 愛知県、水素の認証制度をスタート 再エネ由来の「低炭素水素」をPR

愛知県、水素の認証制度をスタート 再エネ由来の「低炭素水素」をPR

愛知県は、再生可能エネルギー電気またはバイオガス(もしくは、その環境価値)から製造された水素を「低炭素水素」として認証・情報発信する「低炭素水素認証制度」を全国で初めて制定し、4月17日から受付開始した。

同制度の対象は、県内で低炭素水素を製造しようとする者。同制度ではまず、事業計画の申請を受けて、県が「(1)低炭素水素の製造に係る計画を認定」する。つづいて、この計画に基づく「(2)低炭素水素の製造に係る実績を認証」する。認定・認証を行った場合には、県からそれぞれ認定通知・認証証書が交付される。

県はこの制度の運用により、低炭素水素を認証することで、低炭素水素の製造と利活用の取り組みを県内各地に広げていくとしている。あわせて、再生可能エネルギーの普及・活用促進と、申請者のCO2排出削減も後押ししていく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.