> > 徳島県、燃料電池車(FCV)を導入した企業に補助金 最大100万円

徳島県、燃料電池車(FCV)を導入した企業に補助金 最大100万円

徳島県は4月25日、燃料電池自動車(FCV)の普及促進を図ることを目的として、FCVの購入経費に対して補助する「燃料電池自動車(FCV)普及促進事業補助金」の募集を開始した。募集台数は3台。この事業は、水素エネルギー社会の構築推進の一環として行われるもの。

補助率は標準車輌購入額の差額の1/3以内

補助率は、FCVの購入価格と標準車両購入額の差額の1/3以内。補助金の上限は1台当たり100万円。補助対象車輌は、2019年3月31日までに納車見込みの新車の購入に限られる。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.