> > ソーラーシェアリングの農地転用許可、条件つきで3年→10年に

ソーラーシェアリングの農地転用許可、条件つきで3年→10年に

 印刷 記事を保存

農林水産省は5月15日、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の促進策として、設置にかかわる農地転用許可制度の取扱いの見直しなど行うと発表した。

これまで、営農型太陽光発電については、太陽光パネルを支える支柱を立てる農地について一時転用期間を一律3年とし、営農に問題がなければ再許可を可能とする仕組みだった。今後、農業の担い手が所有している農地で営農する場合や荒廃農地を活用する場合など一定の条件を満たす場合は、10年に延長する。これに関連する農村振興局長通知を5月15日付けで発出し、同日付けで施行した。

その他、同省は優良事例の周知などの促進策も取りまとめた。これらにより、農業の担い手の所得向上による農業経営のさらなる改善や、荒廃農地が増加する中での荒廃農地の再生につながる取り組みを後押しする。

これらは営農型太陽光発電の下部農地での農業生産や地域の農業の持続的な発展が図られるよう、農業政策の一環として位置付け推進する。

営農型太陽光発電、促進策の内容

農地転用の取扱い以外の推進策の概要は以下の通り。

(※全文:1417文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.