> > アンモニアを燃料にする燃料電池システム、1kWの発電に成功

アンモニアを燃料にする燃料電池システム、1kWの発電に成功

 印刷 記事を保存

IHI(東京都江東区)は、アンモニアを燃料として直接供給する固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを開発し、3月に横浜事業所(神奈川県横浜市)で1kW級の発電に成功したと発表した。

今回の成果をもとに、2018年度は長時間(1,000時間)の連続運転による実証試験を実施し、業務・産業用途に向けてシステム大型化や、高効率化に取り組んでいく。同社広報によると、業務・産業用システムは数10kW~数100kWのシステム開発を目指しており、家庭用システムの開発は予定していない。市場投入の時期は未定だが、2020年代前半を予定しているという。

構成はシンプルでCO2フリーな燃料電池

今回開発した燃料電池システムの主な特徴として次の2点があげられている。ひとつは、炭素を含まないアンモニア(NH3)を燃料とするため、CO2排出量ゼロのクリーンな燃料電池システムであること。もうひとつは、SOFCの運転温度域でアンモニアが水素と窒素に熱分解されるという特性を活かした、改質器を設置しないシンプルな構成であることだ。

(※全文:1265文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.