> > 長野県塩尻市に小水力発電所(約300万kWh/年) 2019年秋に稼働予定

長野県塩尻市に小水力発電所(約300万kWh/年) 2019年秋に稼働予定

グリーン電力エンジニアリング(東京都千代田区)は、長野県塩尻市において、同社による第1号の小水力発電所の建設に着工すると発表した。7月5日に起工式を行い、2019年秋ごろの供用開始を目指す。

同施設は信濃川水系奈良井川の流水を利用した、水路式・流れ込み式の小水力発電所。総落差55.7メートルを利用して、年間約300万kWh(一般家庭の約830世帯分に相当)を発電する。取水部流域面積は19.6平方キロメートル。発電所名は「塩尻市奈良井川萱ヶ平小水力発電所」。

また、同発電所では、小水力発電関連設備を製造するグループ会社の朝日機工(大阪府守口市)の設備を使用し、計画から供用開始までの期間短縮と発電設備の調達コストの低減化を図る。

(※全文:910文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.