> > 新木場の物流倉庫で屋根貸し太陽光発電 東京都の再エネファンドが投資

新木場の物流倉庫で屋根貸し太陽光発電 東京都の再エネファンドが投資

 印刷 記事を保存

東京都は、官民連携再生可能エネルギーファンド事業において、東京都江東区の物流倉庫の屋根を活用して行う太陽光発電事業に対して投融資を行ったと発表した。

今回投融資対象となったのは、日本アジアグループ(東京都千代田区)傘下のJAG国際エナジー(同)が「新木場物流センターII」屋上で計画を進めていた太陽光発電施設「新木場ソーラーウェイ」。JAG国際エナジーは2018年9月の運転開始を目指して、同施設の建設を開始する。発電所の出力は約920kWで、総事業費は約1.8億円。運営会社は新木場ソーラーウェイ合同会社(東京都江東区)。

(※全文:1055文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.