> > ソーラーシェアリングの下、リモコン重機で農作業 刈り取りの実験実施

ソーラーシェアリングの下、リモコン重機で農作業 刈り取りの実験実施

 印刷 記事を保存

千葉エコ・エネルギー(千葉県千葉市)は8月1日、ギガソーラー(東京都港区)と共同で、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設備下の農業分野で、リモコン重機を活用するための実地試験として刈り取り作業を実施した。

これは、ソーラーシェアリング設備下での次世代農業技術として、リモコン重機を活用する目的で行われた。具体的な作業は、緑肥麦の刈り取り。実地試験場所は、大木戸圃場(千葉県千葉市)。

リモコン重機で細やかな操作

使用したのは、イタリア製の大型リモコン式草刈り機。架台の支柱を傷つけない構造とエンジン出力29kWのパワフルかつ簡単な操作が可能。60度の斜面も登ることができ、農地だけでなく、法面など除草にも使用できる。また、刈った後の草は細かく粉砕しチップ状になるため、そのまま農地に緑肥としてすき込みもできるという。

(※全文:753文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.