> > 太陽光発電の新しい業界団体「ASPEn」が発足 事業者の意見を集約し発信

太陽光発電の新しい業界団体「ASPEn」が発足 事業者の意見を集約し発信

 印刷 記事を保存

11月21日、太陽光発電設備の責任ある設置と運営推進を目指し、全国規模の太陽光発電事業者団体「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)」(東京都中央区)が設立される。

この設立にあたり同連盟は、翌22日、城南信用金庫本店(東京都品川区)において設立記念シンポジウムを開催する。なお、全国規模の太陽光発電事業者団体は国内で初めてという。

ASPEnは、再生可能エネルギーの主力電源化が政府計画に盛り込まれる中で、太陽光発電の電源としての自立と定着を図るために、太陽光発電事業者が新しいインフラの担い手として自主的に啓蒙活動に努め、太陽光発電所の責任ある設置と運営を行うことを目的に設立されるものだ。

発電事業者の意見を集約し政策側へ発信

世界の太陽光発電業界は、太陽光発電パネルメーカー各社によって牽引されてきた。

(※全文:1521文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.