> > 岡山県真庭市、小水力発電の実証事業者をプロポーザル公募

岡山県真庭市、小水力発電の実証事業者をプロポーザル公募

岡山県真庭市は11月21日まで、再生可能エネルギーの一層の普及を図るため、地域用水を使ったマイクロ水力発電の実証事業者を公募型プロポーザル方式で募集する。

この「真庭市吉森美田野地区マイクロ水力発電実証事業」は、地球温暖化対策などの環境面の意識向上のほか、電力を地域内で作り地域内で使う地域内循環への意識を高めて、再生可能エネルギーをさらに普及させるために実施されるものだ。

具体的には、真庭市蒜山の吉森美田野地区で、一級河川旭川水系野川から引き込んでいる地域用水の末端排水を活用して、マイクロ水力発電設備を整備するというもの。流量は0.06立方メートル/秒程度、落差は3メートル程度。地域の土地改良区と自治会の同意は得ている。

設計、冬季の融雪水利用を考慮に

設計・許可申請・調整作業

事業者が行う事前的な業務は、最適な発電システムの設計と整備にあたる各種許可申請書類の作成、そして地元調整資料の作成の3つ。

(※全文:1308文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.