> > 電力市場での蓄電池導入が義務化するカリフォルニア州 住友電工の蓄電池で実証

電力市場での蓄電池導入が義務化するカリフォルニア州 住友電工の蓄電池で実証

住友電気工業(大阪府大阪市)は12月18日、NEDOの事業において、米国カリフォルニア州で現地の大手電力会社の変電所に設置した定置用蓄電池、「レドックスフロー電池(RF電池)」を電力卸売市場に接続し、供給力や調整力を提供する実証運転を開始すると発表した。

この実証運転では、RF電池の特長を生かし、周波数調整などのアンシラリーサービス市場(同時同量を実現するための調整力や予備力の市場)やエネルギー取引市場などで複数の取引を柔軟に組み合わせ、季節や時間帯に応じて最も収益が見込める運用手法を検証していく。

また、このプロジェクトは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、2015年9月に米国カリフォルニア州の経済促進知事室(GO-Biz)と基本協定書(MOU)を締結し、住友電気工業を委託先として、同州サンディエゴでRF電池の普及展開に向けた実証事業として取り組んでいるものだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.