> > 富山県沖で洋上風力発電所建設へ 2MW級風車×4基、地元銀行が資金調達

富山県沖で洋上風力発電所建設へ 2MW級風車×4基、地元銀行が資金調達

三井E&Sエンジニアリング(東京都中央区)とウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)は12月19日、富山県下新川郡入善町沖で進めてきた入善町洋上風力発電事業計画を推進するため、同町内に事業会社を設立すると発表した。

この事業は、国内初の一般海域(領海・内水のうち、漁港の区域、港湾区域などを除く海域)における洋上風力発電事業となるもので、同町沖に2,000kW級風車を4基設置する。発電容量は7,495kW。発電した電力は全量を、固定価格買取制度(FIT)を活用し、北陸電力(富山県富山市)に売電される計画だ。発電開始は2021年1月の予定。

同事業にあたっては、両者が共同で候補地を調査したところ、同地が気象、海象などの物理的条件が良好であると判断できるとともに、地元の住民の理解を得られたことなどから、同事業を推進することとなった。

(※全文:1531文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.