> > モルディブ、太陽光発電と連携するマイクログリッドシステム導入へ JCM活用

モルディブ、太陽光発電と連携するマイクログリッドシステム導入へ JCM活用

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は1月22日、モルディブ共和国のアドゥ環礁向けのマイクログリッドシステムを西澤(大阪府大阪市)より受注したと発表した。

今回受注したマイクログリッドシステムは、μEMS(マイクログリッド用エネルギー・マネジメントシステム)と蓄電池システム(1MW)により構成される。同システムは、モルディブ上下水道電力会社(FENAKA)に納入され、2020年に運転開始される計画だ。

μEMSは、気象予報に基づき太陽光発電システムの発電量と電力需要を予測し、ディーゼル発電所の最適な運転計画を作成して電力系統を運用する。あわせて太陽光発電システムの出力変動を蓄電池により最適に制御することで、ディーゼル発電機の使用燃料削減により二酸化炭素排出削減に貢献する。

(※全文:1522文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.