> > VPP実証プロジェクトなど推進 東北電力、新潟県と包括連携協定

VPP実証プロジェクトなど推進 東北電力、新潟県と包括連携協定

東北電力(宮城県仙台市)は2月6日、新潟県のさらなる発展を進めることなどを目的として、同県と包括連携協定を締結した。今後は、この協定に基づき、バーチャルパワープラント(VPP:仮想発電所)実証プロジェクトや、子育て層・女性層を対象としたイベントなど、様々な施策を展開していく。

この協定の連携項目テーマは、「防災・防犯」「健康・暮らし」「観光・拠点化」「エネルギー・産業振興・人口増」「学び・次世代」「その他、地域の活性化等」の6つ。

このうち、エネルギー・産業振興・人口増に関する重点施策としては、エネルギー有効利用や環境負荷低減、地域防災力の強化に向けた「VPP実証プロジェクト」の展開に取り組む。具体的には新潟市内での実証を皮切りに、佐渡など県内他地域においても地域の特長を活かした取り組みを検討していく。また、燃料電池自動車(FCV)の導入といった水素エネルギー利活用への協力も重点施策に位置付けている。

(※全文:1215文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.