> > 政府、洋上風力発電所の有望海域を募集 新法施行に向けエリア指定めざす

政府、洋上風力発電所の有望海域を募集 新法施行に向けエリア指定めざす

経済産業省と国土交通省は2月8日、洋上風力発電の促進区域の速やかな指定のため、各都道府県が想定する有望な区域に関する情報提供の受付を開始した。

現在、両省では「再エネ海域利用法」の施行に向けて、日本の海域での長期占用が可能となる洋上風力発電促進区域の指定や、公募による事業者選定など制度の具体的運用を検討している。

そのため両省は、様々な既知情報を収集し、これをもとに促進区域となり得る有望な区域を選定し、当該区域について協議会の設置や国による詳細調査など促進区域の指定に向けたプロセスを進めていく予定だ。促進区域となり得る有望な区域に求められる条件としては、下記3点が挙げられている。

(※全文:1134文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.