> > 東京都内のオフィスビルがNearly ZEB取得 消費エネルギーを75%削減

東京都内のオフィスビルがNearly ZEB取得 消費エネルギーを75%削減

東急コミュニティー(東京都世田谷区)は2月8日、東京都目黒区上目黒に建設中の「東急コミュニティー技術研修センター(仮称)」が、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の「Nearly ZEB」認証を取得したと発表した。同センターの開業予定は2019年5月。

一般的に、屋上に太陽光発電システムを設置できる、郊外型の低層建築がZEB化しやすいとされる。そうしたなか、同センターは高度な省エネルギー技術を導入することにより、エネルギー削減量75%の「Nearly ZEB」取得を実現した。これは、東京都内の事務所ビルとしては初という。

同社は、この研修施設を省エネルギー実証実験の場とし、更なる管理ノウハウを蓄積していきたい考えだ。同施設に導入された、主な3つの技術は下記の通り。

(※全文:1238文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.