経産省、新たな「水素・燃料電池戦略ロードマップ」公表 価格目標など示す

  • 印刷
  • 共有
こちらをクリックすると拡大します
こちらをクリックすると拡大します

経済産業省は3月12日、水素基本戦略と第5次エネルギー基本計画で掲げた目標を確実に実現するため、水素社会実現に向けた方針を示した、新たな「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を公表した。燃料電池車(FCV)については、ハイブリッド車(HV)との価格差を、現在の300万円前後から2025年頃には70万円程度まで引き下げることを目指す。

2020年には無人の水素ステーション

アクションプランのポイント
(画像クリックで拡大)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報