> > 大阪ガスなどの木質バイオマス専焼発電所、新日鉄住金エンジニアリングが建設

大阪ガスなどの木質バイオマス専焼発電所、新日鉄住金エンジニアリングが建設

新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区)は3月13日、大阪ガス(大阪府大阪市)などが共同出資した広畑バイオマス発電(同)が兵庫県姫路市で整備する、発電容量約75MWのバイオマス専焼発電所の建設工事と運転・保守業務を受注したと発表した。同発電所の運転開始予定は2023年8月。

同工事では、CFB(循環流動層)ボイラを採用した再熱式の高効率な木質バイオマス専焼発電所を建設する。この工事において新日鉄住金エンジニアリングは、燃料受入・保管・搬送設備と発電設備一式の設計・機器調達・建設・試運転を実施する。

また、同社はこの発電所の完成・引渡し後の運転・保守業務も併せて受注しており、木質バイオマス発電事業の計画段階から操業までのサービスを一貫してワンストップで提供することになる。

(※全文:738文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.