> > 日立建機、インドの工場敷地内に太陽光発電導入 消費電力約30%を再エネに

日立建機、インドの工場敷地内に太陽光発電導入 消費電力約30%を再エネに

日立建機(東京都台東区)は3月19日、インド西ベンガル州にある同社子会社のカラグプール工場敷地内に設置された太陽光発電で発電した電力の利用を同工場で開始すると発表した。

これにより同社は、2019年度から同工場の電力消費量の約30%にあたる年間約7000MWhを、環境負荷の少ない再生可能エネルギーで賄えると試算している。CO2の削減量は、年間3,500トン、電力コストは年間で1470万インドルピー(約2300万円)の低減を見込んでいる。

また、同工場の事務棟には、LED照明をすでに導入している。従来の蛍光灯照明と比較すると、約年間76MWhの電力量を削減でき、電力コストでは年間約68万インドルピー(約100万円)削減することができる。

(※全文:1179文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.