日立建機、インドの工場敷地内に太陽光発電導入 消費電力約30%を再エネに

  • 印刷
  • 共有
タタ日立社カラグプール工場敷地内に設置された太陽光発電パネル
タタ日立社カラグプール工場敷地内に設置された太陽光発電パネル

日立建機(東京都台東区)は3月19日、インド西ベンガル州にある同社子会社のカラグプール工場敷地内に設置された太陽光発電で発電した電力の利用を同工場で開始すると発表した。

これにより同社は、2019年度から同工場の電力消費量の約30%にあたる年間約7000MWhを、環境負荷の少ない再生可能エネルギーで賄えると試算している。CO2の削減量は、年間3,500トン、電力コストは年間で1470万インドルピー(約2300万円)の低減を見込んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報