> > 燃料電池大型トラックによる貨物輸送 トヨタ、米国で2019年秋からスタート

燃料電池大型トラックによる貨物輸送 トヨタ、米国で2019年秋からスタート

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は、同社北米事業体であるToyota Motor North America(TMNA)が4月22日(米国時間)、米国カリフォルニア州のロサンゼルス港で、2019年秋から運用する予定の燃料電池(FC)大型商用トラックを公開したと発表した。同トラックは、トヨタが米トラックメーカーのケンワースと共同開発したもの。

TMNAは、2017年4月に同港でFCシステムを搭載した大型商用トラックの実証実験を開始すると発表。同年よりロサンゼルス港湾地域での実証を行ってきた。以来、同実証を踏まえ、2018年にはトラックの一部改良を行うなど、改善を続けた。その後も、これまでの実証を発展させ、実用化に向けた歩みを進めたきた。その成果を受け、2019年秋からは、このFC大型商用トラックを使用した貨物輸送オペレーションを開始する予定だ。

ロサンゼルス港やロングビーチ港では、貨物輸送トラックによる大気汚染問題が深刻化している。そこでロサンゼルス市港湾局は、貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指すプロジェクトを実施している。FC大型商用トラックの投入は、このプロジェクトの取り組みの一つ。

同プロジェクトにおける具体的な取り組みは下記の通り。

(※全文:1786文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.