> > 四国エリア、太陽光発電の出力が全需要電力の88%に到達(5月5日昼)

四国エリア、太陽光発電の出力が全需要電力の88%に到達(5月5日昼)

四国電力(香川県高松市)は5月8日、太陽光発電の普及拡大に伴うゴールデンウィーク期間中の需給への影響について、速報を公表した。同速報によると、5月5日12~13時における太陽光発電の最大出力は187万kWを記録し、この時間の電力需要に占める割合は88%に達した。

2019年の大型連休期間中、四国エリアでは、前半は前線や低気圧の影響で曇りや雨となる日があったが、後半は概ね晴れた。四国エリアで需要に対する太陽光発電比率が最大となった5月5日12~13時の需給バランスは、エリア需要が213万kW。太陽光発電による供給力は、前述の通りエリア需要の88%の187万kW。風力発電の供給力は3万kW。四国電力では、火力電源の抑制や、揚水発電所の揚水運転、また連系線の活用により、需給バランスの維持を図り、電力の安定供給を確保した。

(※全文:1007文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.