> > CO2排出を削減する企業への融資がもっと有利に 環境省、利子補給事業で公募

CO2排出を削減する企業への融資がもっと有利に 環境省、利子補給事業で公募

環境パートナーシップ会議(東京都渋谷区)は5月16日、地域循環共生圏の創出につながる低炭素事業に対するESG投資の利子軽減を行う給付金(利子補給金)交付事業に参加する、金融機関の公募を開始した。

事業名は、環境省の2019年度「地域ESG融資促進利子補給事業」。環境省の補助事業で、環境パートナーシップ会議が執行団体を務める。

ESG融資の利息を最大1%利子補給

同事業では、再エネ省エネ設備投資に向けたESG融資の利息の最大1%を補給する。利子補給期間は最大3年間、利子補給金支払いは年2回、交付対象融資額は10億円。ただし、一の指定金融機関について、その年度に利子補給金の交付の対象となる融資額の合計が20億円を超えないものとする。

この融資を行う金融機関は次のいずれかに適合することが要件だ。

(※全文:1010文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.