> > 日米欧、水素・燃料電池分野で協力強化 技術協力や標準化などで連携

日米欧、水素・燃料電池分野で協力強化 技術協力や標準化などで連携

経済産業省、欧州委員会エネルギー総局(EC,ENER)、米国エネルギー省(DOE)は6月15日、水素・燃料電池技術に関する三国・地域間の協力を強化することを確認し、共同宣言(Joint Statement)を発表した。

この共同宣言は、長年の間、水素・燃料電池分野をリードしてきた日米欧が、その協力関係を強化し、世界における水素利活用の拡大を図ることを目的とするものだ。

この共同宣言で、経済産業省とEC,ENER、DOE(三機関)は、エネルギー分野・経済・環境に大きな利益をもたらす可能性を有する水素・燃料電池技術への強い関心を共有するとともに、水素エネルギーを低廉で信頼できるエネルギーとするために、水素のコストを削減する重要性を認識するとした。

(※全文:1100文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.